「ブルーベースだからブラウンのシャドウはダメ」「イエローベースだから、寒色系は夏でも使えない」「メイクがワンパターンになってしまう」 etc、自分の似合う色をのせたときの肌の透明感を感じて、逆に色に縛られてしまうということ、ありませんか? でも、いつも同じになってしまうと、季節感がなく、かえってオシャレでなくなってしまいますよね。 今回は、ブルベさんでも楽しめるブラウンシャドウ、そしてイエベさんにオススメのブルー系アイメイクのポイントをご紹介します。

ブルベさんにオススメのブラウンシャドウの選び方


ブルーベースの方がブラウンやベージュ系のメイクアイテムを使うと、色がでない、くすんで見える、ぼやける、という事が言われがちですよね。

でも、ブラウンのアイシャドウの色をよく見てみると、「黄みを感じるブラウン」(写真左の右下)と、「赤みを感じるピンクよりのブラウン」(写真右の右下)があるのがわかります。

LUNASOLグレイスコントラスティングアイズ 01・02

ブルーベースの方はお肌にピンクがかった赤みがあるので、02のようなピンク系ブラウンを使うと肌になじみ、優しさがありながらもしっかりした目元に♪
ピンク系のミディアムカラーと合わせたパレットが比較的多いので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。



ブルベさんにオススメのゴールドシャドウの使い方


ブルーベースの方は、シルバーはOKだけれどゴールドはNG・・・。
確かにどちらかに分けるとそうですが、明るく細かいゴールドパウダーは、くすみをとばして肌の艶感を出してくれるため、使いたいところ。

例えばアイシャドウパレットに入っている、こうした明るいハイライトカラーは、ブルーベースの方にも積極的につかっていただきたい色です。

使い方のポイントは、アイシャドウとしてしっかり入れるのではなく、ブラシでふんわりと目の周りと頬にのせること。そうすることで自然に馴染んで、お顔をワントーン明るく見せることができますよ♪



イエベさんにオススメの寒色カラーの使い方


イエローベースさんがブルー系のアイシャドウを使いたい場合は、あまり色を広げずラインでいれて楽しむのがポイント!
広げてしまうとどうしても青みが肌になじまないので、伸ばさずにアイライナーではっきり色を出すのがオススメです。

MAYBELLINE カラーショーライナー BU-1・GN-1

ブルー系の色味は、ポイント使いで楽しみましょう♪



今回はブルーベース、イエローベースそれぞれの視点から、避けてしまいがちな色を使う際のポイントをご紹介しました。
パーソナルカラーに縛られすぎず、流行や季節感も取り入れて、メイクをどんどん楽しみましょう!



Colorful Spirit  鈴木礼子


-----

COLOR MEの会員になると、自分のパーソナルカラーに合うコスメ情報や会員限定記事がチェックできます☆