目元にかわいらしい印象をプラスしてくれるピンクのアイシャドウ!色味や塗り方によって印象が変わります。ステキカラーの”ピンク”ですが、敬遠する人もも。この記事では、腫れぼったく見えがちな一重さんや奥二重さんにも似合うピンクアイシャドウをご紹介していきます♪

大人気ピンクアイシャドウ


ピンクのアイシャドウは、塗るだけで可愛くなれる優秀アイテム!一時期、目元を赤やピンクにした"うさぎメイク"が「かわいい」と話題になったほどです。ここでは、人気カラーのピンクアイシャドウの魅力をお伝えしていきます♪

初心者におすすめのピンクアイシャドウ

ピンクアイシャドウは、メイク初心者さんでも比較的使いやすい色味です。パレットタイプのアイシャドウを選べば、相性のいい色が揃っているためおすすめです。パレットを選ぶときは、ピンクや青・黄色など、バラバラの色が入っているものよりも、同系色がまとまっているパレットを探してみてくださいね♪

人気のピンク系パレットでマットなど質感も取り入れよう

ピンクのアイシャドウパレットには、ラメやパール・マットな質感など、同じピンクでもたくさんのタイプが揃っています。"その日"の気分にあったメイクや、一重さん・奥二重さん・二重さんなど"その人"にあったメイクが楽しめます。締め色としてともに入っていることが多いブラウンは、ピンクみがかっているパレットがおすすめです。一緒に入っている色味にも注目して選んでみてくださいね♪

人気のプチプラピンクアイシャドウ5選【2000円以下】


ピンクのアイシャドウとひとことで言っても、色味や質・ラメ感など、種類はさまざまです。ここでは、2000円以下の人気プチプラアイシャドウをご紹介していきます♪

メナード/ジュピエル アイカラー

人気プチプラアイシャドウ1つ目は、メナードの『ジュピエルアイカラー』です。テクスチャー自体は少し固めですが、まぶたに塗り広げるとピタッと密着してくれます。また、さりげない輝きをはなつラメが、大人の目元に仕上げてくれます。ギラギラしたラメ感が苦手な人におすすめのピンクアイシャドウです♪

ヴィセ リシェ/ジェミィリッチ アイズ

人気プチプラアイシャドウ2つ目は、ヴィセリシェの『ジェミィリゥチアイズ』です。キラキラとしたパール感のあるアイシャドウで、まばたきするたびに存在感を光らせます。4色ともピンクカラーで、ベースから締め色まで揃っています。簡単にピンクメイクを仕上げたい人におすすめのパレットです♪

kiss/デュアルアイズS

人気プチプラアイシャドウ3つ目は、kissの『デュエルアイズS』です。トルマリンというジェルパウダーが配合されており、まぶたにスッと溶けていくようなテクスチャーが癖になります。シアーな質感で、ツヤを感じさせる濡れたまぶたが簡単に作れます。うるおい成分の美容オイル配合もあり、乾燥しがちな冬にもぴったりのピンクアイシャドウです♪

マジョリカ マジョルカ/オープンユアアイズ

人気プチプラアイシャドウ4つ目は、マジョリカマジョルカの『オープンユアアイズ』です。ピンクと締め色がセットになったアイシャドウで、立体的な目元が簡単に作れます。アイホールにピンクを広げ、目のキワをブラウンで引き締める塗り方がおすすめです♪

ほどよい発色と、肌なじみしやすい色合いで、女の子らしい冬メイクにもぴったり!リップやチークカラーも同系色でまとめて、統一感をだすとワンランクアップした垢抜けフェイスが完成しますよ♪

キャンメイク/ジュエリーシャドウベール

人気プチプラアイシャドウ5つ目は、キャンメイクの『ジュエリーシャドウベール』です。プチプラの王道キャンメイクは、お手頃な値段なのに華やかなアイメイクが実現します!シャドウベールは3色展開、シルバー・ゴールド・ピンクとなっています。

View this post on Instagram

@81.kmmがシェアした投稿 -

ベースカラーの発色はほとんどなく、大粒or小粒のラメの輝きを目元にのせられます。毎日メイクには小粒でさりげないラメ感を、イベントや休日メイクには大粒ラメで輝く目元に仕上げるのがおすすめ!シーンによって使い分けができるところもポイントの一つです♪

おすすめ人気ブランドのピンクアイシャドウ


プチプラアイシャドウに比べ、少し価格が上がるブランドもののアイシャドウ。ただ、価格が高まる分、魅力もしっかりアップします。ここでは、人気ブランドのピンクアイシャドウをご紹介していきます♪

メナード/ジュピエル アイカラーコンパクト

人気ブランドのピンクアイシャドウ1つ目は、メナードの『ジュピエルアイカラーコンパクト』です。プチプラ部門へもランクインしているように、人気があるアイシャドウだということが分かります。1色or3色パレットを選択して購入することができ、価格にも差が出てきます。単色が欲しい人、パレットでまとまりのあるメイクをしたい人、求める方を選んでくださいね♪

ルナソル/マカロングロウアイズ

人気ブランドのピンクアイシャドウ2つ目は、ルナソルの『マカロングロウアイズ』です。ルナソルならではの高級感×柔らかみのあるテクスチャーでまぶたに優しくフィット!塗りやすいブラシが2本セットになっており、持ち運びにもぴったりです!

色味自体はしっかり密着するものの、肌になじみやすいカラーなため、主張しすぎる心配はありません。ギラついたラメ感もなく、上品な輝きをプラスしてくれます。ピンクを顔に乗せると浮いてしまう…という人でも、ピタッとはまるアイシャドウです。元が鮮やかに、洗練された印象に仕上がりますよ♪

MiMC(エムアイエムシー)/ミネラルクリーミーシャドー

人気ブランドのピンクアイシャドウ3つ目は、MiMCの『ミネラルクリーミーシャドー』です。オイルベースのアイシャドウになっており、触れた感覚はジェルのような質感、スッとまぶたに溶け込んでくれます。スティックタイプのアイシャドウなため、かさばらずに持ち運びにも向いています。サッとポーチに忍ばせてお出かけすることもできますよ♪

まぶたに塗りひろげても重たくなりすぎることはありません。まるでルージュがまぶたの上で溶けたかのように、ふわっとしたピンクの良さが引き立っています。目元にふっくらとしたハリ感を与え、パッチリとした大きな瞳を演出。ノンシリコンで石鹸を使って落とせるところも魅力の一つですよね♪

資生堂/ペーパーライト クリーム アイカラー

人気ブランドのピンクアイシャドウ4つ目は、資生堂の『ペーパーライトクリームアイカラー』です。マットな質感が特徴的で、和紙のようにスッとまぶたに溶け込んでくれます。軽い付け心地とまぶたへのフィット力、さらちはウォータープルーフ処方でもあるため、時間が経ってもよれにくいところがおすすめポイントです♪

指やブラシでまぶたに塗り広げると、鮮やからピンクカラーがきれいに発色してくれます。和名では、さくら色に近いような色味で、ふんわりとしたピンク色です。上からラメを重ねづけしたり、マットな質感をそのまま活かしたり、好みに合わせて塗り方を変えて楽しんでくださいね♪

ディオール/ショウ

人気ブランドのピンクアイシャドウ5つ目は、ディオールの『ショウ』です。ディオール独特のゴージャス感と、女性らしさを感じさせる官能的な雰囲気で、大人の色気を演出してくれます。クリーミーなテクスチャーがフィット感を生み出し、立体感のある目元に仕上がります。大人アイに憧れている人におすすめのピンクアイシャドウです♪

ピンク系アイシャドウの塗り方


一重さんや奥二重さんには重たくなりがちなピンクアイシャドウ。ただ、塗り方を工夫すれば、一重さんでも、奥二重さんでもパッチリとした目元が演出できます!ここでは、ピンクアイシャドウの塗り方をご紹介していきます♪

ピンクアイシャドウの塗り方|一重

一重さんはピンクの色味をはっきりだすよりも、自然な色味としてぼかすことをおすすめします。まずは、アイホール全体的にベースカラーを広げ、目を開けたとき少し色味が見える範囲までピンクをのせます。また、一重さんは、上まぶたよりも下まぶたに色味をのせた方が目が大きく見える効果があります。目尻から黒目の下くらい1/3ほどピンクを入れると、丸々とした可愛らしい目元に仕上がりますよ♪

ピンクアイシャドウの塗り方|奥二重

奥二重さんは一重さんとは違い、少し二重の幅があります。そこを利用して、上まぶたにピンクを仕込んでいきましょう。目を開けたときにしっかりと色味が見えるように、アイホール全体にピンクを広げます。あまりグラデーションを意識せず、ベタ塗りをイメージしてくださいね。濃いメイクが苦手な人は、ピンクに淡い色味のアイシャドウを使いましょう。上まぶたに色をのせる分、下はカラーレスもしくは色味のないラメだけで仕上げることをおすすめします♪

ピンクアイシャドウの塗り方|二重

二重さんがピンクメイクするときは、"控えめ"を意識することがポイントです。がっつりまぶたにピンクをのせてしまうと、子供っぽい印象を与えてしまいます。目尻にさりげなく仕込んだり、黒目の上や目のキワのラインとして仕込むのがおすすめ!ピンク×バーガンディやピンク×ブラウンの相性もよく、目元が派手になりがちな二重さんにぴったりです。強めのピンクメイクをするときは、アイラインやマスカラの色味を変えてみてくださいね♪

ピンク系アイシャドウを使いこなそう!


毎日のメイクを楽しいものに変えてくれるピンクのアイシャドウ!選ぶピンクの色味やアイシャドウの質感によって、可愛い雰囲気にも、セクシーな雰囲気にも変化がつをけられます。

毎日にピンクを取り入れるだけでも、なんだか女子力がアップした気分になれますよ!あなたの『なりたい!』が叶う雰囲気の合うメイクやシーンに合わせたピンクメイクを積極的に取り入れてみてくださいね♪