華やかに彩ってくれる”赤”のアイシャドウ!使い方によって可愛くも、ときに大人っぽくも魅せてくれる優秀なアイシャドウです。「普段使いしにくい…」なんて、そんなことはありません!さりげなく仕込むだけで愛されアイメイクに!赤アイシャドウで魅力的な目元を作りましょう♪

赤アイシャドウの効果と選び方


普段使いしていない色だからこそ、赤アイシャドウって…「目だけ浮かない?」「どんな色を選べばいいの?」などお悩みがあるはずです。ここでは、赤を目元に使うことで得られる効果やアイシャドウの選び方をご紹介していきます!

赤アイシャドウの効果

赤のアイシャドウは、使い方次第で雰囲気が変わります。例えば、丸目×赤アイシャドウでは"可愛さ"が、切れ長目×赤アイシャドウでは"色っぽさ"がプラスされます。

全体的に、色素を薄く見せる効果もあり、自然な色白肌を作ります♪目元に赤を入れることで、ぽってりと色づいた印象になり、肌をクリアな質感に見せてくれるのです。

さらに、赤アイシャドウならではの"透明感"が、ハーフっぽく見せたり、ナチュラルメイクに見せたりするなど、嬉しい効果がたくさんあります♪

選び方①肌の色に合わせて選ぶ

"赤"とひとことで言っても、色味にはさまざまな種類があります。アイシャドウだけでなく、メイクやコーデにおいてあなたの『肌ベース』で選ぶことをおすすめします。

肌は、透き通るようなツヤを持つ青味がかったブルーベース、健康的で血色感のある黄味がかったイエローベースにわかれます。

色白さんに多いブルーベースは、"青"を意識した色選びがおすすめです!ぱきっと発色のいい赤や青味の入ったピンクよりの赤が似合います。

一方で色黒さんに多いイエローベースは、"黄"を意識した色選びがおすすめです!深みのあるブラウンよりの赤やオレンジよりの赤が似合います。それぞれ、肌なじみしやすい赤アイシャドウでメイクを楽しみましょう♪

選び方②パレットか単色かどっち?

赤アイシャドウはメイクのポイントで使うことが多く、単色で十分赤メイクが楽しめます。"捨て色がない"、"マットやラメなど質感を選べる"といった部分がメリットです。ただ、一色ずつ揃えるため、"コストがかかる"というデメリットもあります。

一方で、パレットアイシャドウは、"相性のいい色が入っている"、"単色に比べてコスパがいい"と言った部分がメリットです。"捨て色があるかもしれない"というデメリットもあります。

ポイントメイクを楽しみたい人は単色を、普段使いや自分で色に統一感を出す自信がないという人にはパレットをおすすめします♪

選び方③パウダータイプかクリームタイプかどっち?

アイシャドウにも種類があり、パウダー・リキッド・クリームの3種類にわかれます。

縦割りor横割りなどの綺麗なグラデーションを作りたい人には、色を重ねやすい"パウダータイプ"がおすすめです!肌にピタッとくっつく質感が好きor化粧直しする時間がない人には、伸びがよく軽いつけ心地の"リキッドタイプ"、肌への密着度が高い"クリームタイプ"がおすすめです!

おすすめの赤アイシャドウ【プチプラ編】


赤メイクの効果や選び方を知った後は…実際にどんな赤アイシャドウがあるか見ていきましょう!ここでは、プチプラで手に入る"赤アイシャドウ"をご紹介します♪

ケイト「メタルグラマーアイズRD-1」

ケイトの赤アイシャドウは、ほどよい艶めきで大人な目元に仕上げてくれます。明るめの色からアイホールに、締め色になるほど塗る幅を狭めていくと、簡単にグラデーションが完成!

相性のいい5色が揃っており、統一感のあるアイメイクに!ギラギラしたラメが苦手な人やグラデーションを作るのが苦手な人におすすめです♪

マジョリカマジョルカ「シャドーカスタマイズRD4221g」

ワンコイン(+税)で手に入る、プチプラすぎる赤アイシャドウです。プチプラでも発色がよく、はじめての赤アイシャドウにぴったり♪

さりげないラメ感×存在感のある赤で、こなれた印象に!明るい色味の赤なので、春夏秋冬どの季節にも活躍する赤アイシャドウです♪

キャンメイク「パーフェクトマルチ アイズ 03」

プチプラの王道キャンメイクの赤アイシャドウも優秀で、売り切れが続出するほどの人気っぷり!マットな質感で、大人のアイメイクに欠かせません♪

薄い色から重ねていき、濃くなるにつれて塗る幅を狭くするとグラデーションになります。目のきわ全体に赤を入れると可愛い印象に、目尻だけに入れると大人っぽい印象に仕上がります♪

インテグレート「トリプルレシピアイズ RS705」

ピンクよりの赤アイシャドウで、フェミニンな印象に!シアーな色味で、目元に華やかさをプラスした愛されアイメイクの完成です。プチプラなのに高発色、その上、乙女心をくすぐるハートモチーフのパッケージがたまりません♪

ヴィセ「アヴァン シングル アイカラー 021」

ぱきっとした色味で、"THE赤"を実現するアイシャドウです。プチプラとは思えない発色で、赤が好きな人におすすめ!

View this post on Instagram

@81.kmmがシェアした投稿 -

発色がしっかりしている分、アイホール全体に入れてしまうときついイメージに…。ポイントとして目尻にさりげなく入れる使い方がおすすめです。

赤の"色っぽ効果"を引き立たせるためにも、赤のマスカラでアイメイクに統一感を持たせると、より洗礼されたおしゃれな雰囲気になります♪

おすすめの赤アイシャドウ【デパコス編】


プチプラコスメも充実している中、デパコスだって負けてはいません。プチプラに比べてお値段はしますが、デパコスにしか叶えられない色味・質感もあります!ここでは、デパコスの優秀"赤アイシャドウ"をご紹介します♪

THREE「アイディメンショナル クアッドパレット03」

ブラウンよりの深めな赤アイシャドウで、大人っぽい目元に仕上がります。ベースとなるベージュカラーには細かなラメ入りで、自然なツヤ感を演出してくれます♪普段使いにもぴったりのアイシャドウです。

シャネル「レ キャトル オンブル 268」

赤×ブラウンで、簡単に秋のトレンドアイメイクを!マットな質感で高発色、優秀な赤アイシャドウです。

パレットでは強めの赤を感じさせますが、実際まぶたにのせると肌なじみ抜群です!下まぶたに入れて、アンニュイな目元にするとこなれ感がでます。目元の色っぽさで、見つめる相手をウットリさせましょう♪

RMK「カラーパフォーマンスアイズ 04」

ピンクよりの赤にブラウンが混ざったような、深みのあるバーガンディカラーで女性らしさを演出!ぱきっとした主張する色味の赤ではなく、普段使いのアイシャドウにもぴったりです♪

アイホール全体に広げても、主張しすぎずナチュラルなアイメイクに!目尻3分の1に入れて、さりげない"色っぽアイズ"を作りましょう♪

MAC「ラディーインテンスレッド」

MACの赤アイシャドウは、マットな質感で垢抜けた印象に!ぱきっとした色味でも、深すぎる色味でもない、絶妙にマイルドな赤で周りと差をつけたアイメイクが楽しめます♪

せっかくの"赤"を存分に目立たせるアイメイクがおすすめ!上下に赤をしっかりのせても、きつさやいやらしさはありません。色白肌や色素の薄さを際立たせる、無敵の赤アイシャドウです♪

エレガンス「ヌーヴェルアイズ20」

パッケージからしてゴージャスで、赤アイシャドウもエレガントに仕上がります。アイメイクも素敵に、コスメの見た目も素敵に、一つは持っておくだけで気分があがるデパコスです♪

赤アイシャドウの使い方を紹介!


赤アイシャドウの効果や選び方、おすすめは分かったけど…「肝心な使い方が分からない!」を解決するために、一重や奥or二重さん、なりたいイメージに合わせた使い方をご紹介していきます♪

一重・奥二重の赤アイシャドウの使い方

一重or奥二重さんは、目をつぶると赤アイシャドウが見えても、目を開くと見えない…。「せっかく色を仕込んでるのに!」と悩みを抱えることも多いはずです。

そんな一重or奥二重さんが赤アイシャドウを使うときには、仕込む工程で"色"が見えるか確認しながら塗っていきましょう!一重さんは目尻側に幅広く赤アイシャドウを、奥二重さんは二重幅に赤アイシャドウをのせて、少しでも色を見せることを意識してみてください♪

二重の赤アイシャドウの使い方

二重さんは、一重or奥二重さんよりも赤アイシャドウを使ったメイクがしやすい分、色の入れ方を間違えると大変なことに…。

「できるだけ目を大きく見せたい!」と欲張って二重幅の上まで赤を入れるのは、不自然なアイメイクになるためタブーです。二重幅にの内側、もしくは目尻に向かってグラデーションを作る縦割りで、赤アイシャドウを使ったデカ目効果を取り入れましょう♪

色っぽい印象にする赤アイシャドウの使い方

赤アイシャドウは目尻に仕込むことで、大人らしい色っぽさを演出する効果があります。切れ長な目を意識して、横に長く見せるアイメイクがポイントです。伏せ目がちになったとき、チラッと見える"赤"が妖艶なムードを作り出すこと間違いなし♪

キュートな印象にする赤アイシャドウの使い方

キュートな印象にしたいときは、赤アイシャドウにラメ感をプラス!キラキラした輝きが、ピュアな可愛さを作り出してくれます。

キュートな目元は、アイシャドウはもちろん、マスカラが鍵を握ります。まん丸な目を作るイメージで、黒目の上のまつ毛が一番長くなるような塗り方を意識してみてください♪

ナチュラルな印象にする赤アイシャドウの使い方

赤アイシャドウは濃いメイクになると思われがちですが、意外にもナチュラルな目元も作れます。ブラウン×赤アイシャドウで、控えめな"大人っぽアイズ"に!少し物足りないときは、ゴールドでラメ感をプラスすると、光沢のあるおしゃれな目元になりますよ♪

赤アイシャドウを活かしたメイク法を紹介


せっかくの赤アイシャドウ…目立たせないともったいない!ここでは、赤アイシャドウの魅力を最大限に引き立たせるメイク法をご紹介していきます♪

①ベースメイク

赤アイシャドウ×色白肌、赤アイシャドウ×ツヤ肌の相性は最高!特に、ブルーベースさんの透き通ったツヤ肌の魅力が目立ちます。イエローベースさんは、赤アイシャドウ×マット肌で、こなれ感のあるおしゃれスタイルを楽しみましょう♪

②アイブロウ

赤アイシャドウを使うときは、アイブロウにも"赤"を入れるのがポイント!目×眉で統一感を出す、上級者テクです。フェミニンな雰囲気に色っぽさをプラスしたいときにおすすめ♪

③チーク

赤アイシャドウを活かすために、チークはレスorさりげなくがおすすめ!頬の高い位置に入れると、顔が火照ったようなセクシーな印象に!オレンジ系やブラウン系のチークと相性抜群です。ピンクを使うときは、赤に近いコーラルカラーをおすすめします♪

④リップメイク

赤アイシャドウには、赤リップで統一感のあるメイクに!赤×赤で組み合わせるときは、黒やブラウンの定番カラー以外の色味を入れないのがポイントです。赤の良さを際立たせた、大人っぽい赤メイクを楽しみましょう♪

⑤アイメイク

一重さんや奥二重さんは赤アイシャドウが隠れてしまわないように、二重さんは赤アイシャドウを入れすぎないようにメイクするのがコツ!アイホール広めに入れると可愛い印象に、目尻だけに入れると色っぽい印象を作り出します♪

赤アイシャドウメイクを楽しもう!


赤アイシャドウは一色でこなれ感が出る優秀なアイシャドウですさりげなく目尻や下まぶたに仕込むだけで、一気にあか抜けたおしゃれレディに!

一見、普段使いしにくい難しいカラーだと思われがちな”赤アイシャドウ”ですが、実は一重さんや奥二重さん、二重さんまで、どんな人でも簡単に使いこなせます!あなたのなりたいイメージにぴったりな赤アイシャドウで、素敵な赤アイシャドウメイクを楽しんでくださいね♪