グレージュカラー…聞いたことはあるけれど色味がイマイチ分からない…そんな悩みを解決!なかなか聞けない色のことを、ここでは一から分かりやすく解説していきます!流行りの”グレージュカラー”を取り入れた新しいヘアスタイルで、洗礼されたおしゃれを楽しみましょう♪

人気のグレージュカラーとは?


人気の"グレージュカラー"、聞いたことはあるけど…灰色?ベージュ?一体何色なの…?ここでは、そんなお悩みを解決すべく、グレージュの色味について見ていきます!

グレージュってどんな色?

グレージュカラーとは、灰色(グレー)と薄めの茶色(ベージュ)の間に位置するくすんだ色味を指します。透明感のあるグレージュは、暗め〜明るめまで幅広く楽しめる色味です!

灰色よりのグレージュ、薄茶色よりのグレージュ、それぞれ美容室やカラー剤の配合具合、本来の髪質・色味によっても変わる面白みも持ち合わせています♪

日本人に多い髪の"赤味"を打ち消すカラーでもありますが、中にはその"赤味"がグレージュの色味を邪魔してしまうケースもあります。

赤味が強い場合でも、グレーよりの色味、青を強くした色味でグレージュカラーを再現できるので安心してくださいね♪

グレージュカラーが人気の理由

グレージュが人気の秘訣とは、ズバリ"透明感"でしょう。透き通るような色味は、洗礼された女性のイメージを作り出してくれます。

また、ショートヘア〜ロングヘア、明るめ〜暗め、どんな長さ・色の深さにも似合う素敵なカラーも人気の秘訣になっています♪

暗めカラーや外国人風カラーにもできる!

暗めのグレージュカラーは、深い色味だけあって大人な印象に!明るめグレージュとは、一味違ったディープな雰囲気が楽しめます。

色落ちが気になる人や真っ黒髪が苦手な人にオススメカラーです。渋めカラーが似合う、寒い季節にもぴったり♪

明るめのグレージュは、一段と透け感のある外国人風カラーに!カジュアルやフェミニン、ときには色っぽさを感じさせるお姉様モードになります。

明るい髪色が好きな人や髪の赤味・オレンジ味が気になる人におすすめです。搔きあげ前髪との相性も抜群♪

グレージュカラーはどんな服に合う?

グレージュカラーは透明感があるため、暗めの色味が似合います。黒や白のモノトーンカラーをはじめ、マスタードやカーキなどの深みのある秋カラーとも相性抜群!大人っぽコーデにぴったりです。赤や黄色、青などの原色を合わせた個性派コーデもおすすめです♪

ほかにも、グレージュカラーは同系色との相性も抜群です。スカートを合わせるとふんわりとした雰囲気、パンツを合わせると大人っぽい雰囲気に!髪色に特徴がある分、ラフコーデでもこなれた印象になりますよ♪

明るめのグレージュカラー色見本まとめ


明るめのグレージュカラーとは…具体的にはどんな色味?ロング・ショートとの相性や印象は?ここでは、"明るめのグレージュカラー"の色見本とともに、お悩みを解決していきます♪

ベージュ寄りの明るいカラー

グレージュとはそもそも、グレーとベージュの間の色を指しています。ベージュの色味が強くなると、ベージュよりのグレージュカラーに!

グレー味のある髪色とは一味違った印象になります。黄味のある日本人の肌にも馴染みやすく、簡単に垢抜けることのできるカラーです♪

ベージュの色味を強めると、さらに透明感がアップ!黄味よりのカラーにかることで、色素の薄い外国人風に!ロングヘア×巻き髪との相性もぴったりです♪

グレージュ×ハイライトで立体感を演出

グレージュカラーにハイライトを入れることによって、髪に動きがつき立体感がプラスされます。
暗めのグレージュカラーでも、本来の色より明るく見える効果も!髪色をそこまで明るくできない…でも明るめカラーが好き…そんな人にぴったりです♪

グレージュのツヤツヤロングヘア

グレージュカラーは透明感だけでなく、髪にツヤ感もプラスしてくれます。ツヤツヤっとした綺麗な髪は、男性だけでなく女性までも虜に!

動くたびふわっとなびくロングヘアとの相性は抜群!グレージュカラーで、愛されヘアを手に入れましょう♪

ショートとグレージュも相性抜群

グレージュは、ショートヘアとも絶妙にマッチ!ショートにしたいけれど、幼く見えてしまう…そんな悩みを解決!

グレージュは大人っぽい色味で、洗礼されたショートヘアを楽しめます。特に、切りっぱなしボブとの相性は抜群!外ハネスタイルで、こなれた印象になりますよ♪

暗めのグレージュカラー色見本まとめ


暗めのグレージュカラーとは…具体的な色味は?ロング・ショートとの相性や印象は?ここでは、"暗めのグレージュカラー"の色見本とともに、お悩みを解決していきます♪

外国人のような発色のグレージュ

暗めのグレージュは、日本人特有の赤味を感じさせない外国人カラー♪

暗めな色合いにも関わらず、重たくなりすぎないところが魅力的です。グレー味の中に透明感がプラスされ、一気にこなれた雰囲気を作り出してます!

暗めカラーにハイライトで動きをプラス

暗めグレージュにハイライトは、上手に"明暗"を組み合わせた相性抜群のヘアスタイルです。大人っぽい印象で、周りと差をつけたおしゃれレディに!

ショート〜ロングまで、似合う色の組み合わせです。ハイライトで髪に立体感をプラスして、思わず触りたくなる素敵ヘアを手に入れましょう♪

グレージュカラーで黒髮と差をつけて

髪色を明るくできない…でも真っ黒にはしたくない…そんな人におすすめ・人気のある"グレージュ"。一見、黒髪のように見えますが、グレージュの持つ"透明感"や"ツヤ感"があるからこそ、重たくなりすぎないところがポイント!

ただの黒髪じゃない『魅力』が詰まったグレージュで、周りと差をつけたおしゃれヘアを楽しみましょう♪

暗めグレージュだけじゃ物足りない…そんなときはハイライトがおすすめ!

さりげなくプラスするだけで、動きがついた立体感のあるヘアスタイルに!より一層、周囲と差をつけられるこなれヘアになりますよ♪

暗めカラーもグラデーションで楽しんで

暗めグレージュを楽しむ上で、グラデーションは欠かせません。生え際から毛先に向けて明るくなる髪色に、ついウットリ…♪

大人っぽい印象で、ショートでも幼くなる…なんて心配はいりません!旬のヘアスタイルを取り入れて、おしゃれ度をアップさせましょう!

ブリーチあり・なしでグレージュカラーを比較

グレージュカラーとひとことで言っても、ブリーチあり・なしで色味は変わってきます。かなり明るめのグレージュを希望する場合には、ブリーチがないと綺麗な仕上がりになりません。ここでは、ブリーチのあり・なしを比較して、あなたの『なりたい』を探すお手伝いをします♪

グレージュカラーにブリーチは必要?

グレージュカラーにブリーチが必要か…それは「どんなグレージュにしたいか」がポイントになります。ブリーチをしなくても、グレージュカラーの再現は可能です!

ただ、明るめのグレージュや赤味が強い場合にはブリーチが必要になってきます。"どんな"を基準に、ブリーチの必要度を見極めてくださいね♪

ブリーチのメリットとデメリット

ブリーチは、色見本のままにヘアカラーを再現するため、髪の色素を抜いてしまう溶剤です。赤味やその人の持つ色の癖が全てなくなった髪のベースに、カラーを乗せることで色見本通りムラなく染まるのが最大のメリットです!

ただ、色素を抜くときには、髪にもそれなりのダメージを与えています。キューティクルを壊す溶剤でもあり、髪の毛が傷んでしまうのがデメリットです。特に、何度もブリーチするにつれて髪が傷むので、多くても2〜3回にとどめておくことをおすすめします!

ブリーチありのグレージュカラー

ブリーチ×グレージュは、色見本通りの髪色に!理想のヘアカラーを手に入れることができます。ホワイトに近い色味も再現可能で、"グレージュ"の幅がぐんと広くなります♪

ブリーチなしのグレージュカラー

ブリーチなしのグレージュカラー(グレーより)では、黒髪と差をつけたおしゃれヘアに!女性らしい落ち着いた印象で、ツヤのある美しい髪を保ってくれます♪

ブリーチなしのグレージュカラー(ベージュより)では、明るくふわっとした女の子らしい雰囲気に!黄味を強めることで、ブリーチをしなくても明るめカラーを楽しめます♪

グレージュの色落ちや対策を紹介!


ヘアカラーは色落ちするもの…せっかく綺麗に入った色味が落ちるなんてイヤだ!ここでは、色落ちまで楽しむコツやできるだけ色を長持ちさせる対策をご紹介していきます♪

色落ちは約1〜2ヶ月

グレージュの色落ちは1カ月、長くて2ヶ月ほどです。ブリーチあり・なしを比較すると、ブリーチありの方が色落ち期間が短くなります。髪の傷みが原因です。色落ち対策をしっかりして、できるだけ長く素敵カラーを保ちましょう!

対策①ヘアカラー当日は髪を洗わない

ヘアカラーをした日は、『髪を洗わない』これは鉄則です!

染めた直後はカラー剤が定着しておらず、髪を洗うことで色味が変化してしまう可能性があります。綺麗なグレージュを定着させるためにも、当日は髪を洗わないことをおすすめします!

対策②必ずドライヤーでブロー

髪を乾かすのは面倒…グレージュを長持ちさせるにはドライヤーブローは欠かせません。濡れ髪はダメージを受けやすく、色が抜ける原因の一つにもなります。面倒だ…とは言わず、しっかりドライヤーでブローしてくださいね!

対策③洗い流さないトリートメントを活用

色落ちを防ぐには、髪のケアが必要になります。髪が傷んだ状態は、色落ちしやすい状態です。洗い流さないトリートメントで、髪をいたわってあげましょう♪

対策④寒色系カラーを事前にプラス

色落ち対策をしていても、ヘアカラーは少しずつ落ちてくるものです。

その中でも、アッシュカラーや暖色系は、色落ちしやすい分類に入ります。できるだけ長く色を持たせるためにも、グレージュに寒色系を混ぜたり、グレーを強めにしたりするといいですよ♪

グレージュに寒色系を仕込んでおくと、はじめは「暗いかも…?」と思っていても、色落ちとともに少しずつ明るい髪色に!次第に"色落ち"までも楽しみになること間違いなし♪

対策⑤カラーシャンプーを活用

色落ちには、シャンプーが大敵!市販のシャンプーには、素敵カラーまでも流してしまう成分が…カラーシャンプーでもとの色味を整えつつ、綺麗な髪色を保ちましょう!

今流行りのグレージュカラーを楽しもう!


人気のグレージュカラー♪ショート~ロングまで幅広く似合う素敵な色味です。明るめグレージュでカジュアルスタイルに、暗めグレージュで落ち着きのあるスタイルに!

寒色系を仕込んでおくと、色落ちカラーまで楽しめます!あなたのなりたいイメージに合わせて、人気のグレージュカラーを楽しんでくださいね♪