突然ですが、お部屋のカーテンの色は何色ですか?カーテンの色を変えると雰囲気だけではなく気分も変わります。今回はカーテンの色の選び方について、風水や部屋別のおすすめ色をご紹介します。今からでもカーテンを買いに行きたくなる内容ですよ!

カーテンの色の選び方

今のお部屋のカーテンはどんな気持ちで取り付けたか覚えていますか? カーテンを自分の好きな色に女性がしたり、元々お部屋に付いていたなど色々あると思いますが、 「そういえばあまりカーテンの色について考えていなかった」 「正直、色のセンスがないので、カーテンはいつも適当に買ってしまう」 カーテンの色選びでこんな感じの方も多いのではないでしょうか? ここではカーテンの色選びのポイントをご紹介します。 気分を変えたい方はもちろん、女性が好きな風水にもカーテンの色は関係してくるので、カーテンの色選びに悩んでいる方必見ですよ!

①色の配分を考える

そもそもカラーコーディネートでは、色と色の相性を考える事がポイントですが「どの色をどのくらいの面積で使うか」といった「色の配分」も大きなポイントです。 お部屋の色は、大きく分けて「ベースカラー(床や天井、壁などお部屋の基本色)」「メインカラー(家具やソファ、カーテンなどインテリアの主役色)」「アクセントカラー(インテリアのポイントなど指し色)」の3つで構成されていて、それぞれを「70%・25%・5%」を目安に色の配分を考えると、カラーバランスが良いリラックスできるお部屋になります。 カーテンの色も配分を考えながら決めると、自分が納得する素敵なカーテンの色が選べますよ。

②3つの配色パターンが基本

カーテンの色を選ぶ時には、これからご紹介する配色パターンを押さえておくと、カーテンの色とお部屋のバランスが良くなります。 基本の配色パターンは「同一色」「類似色」「反対色」の3つを合わせる事です。 「同一色」とは、同じ色合いでトーン(色調)が異なる色を組み合わせる方法で、例を挙げると。カーテンの色と椅子の色が同じイエローなどがあり、統一感があるまとまった空間になります。 「類似色」とは、色相環を見て左右2色程度まで隣り合う色を指しています。例としては、カーテンの色がと床の色が似ているなど、類似色は色同士が近いので主張がぶつかる事がなく、安心で違和感のない空間になります。 「反対色」とは、その名の通り色相環で真逆の位置にある色の組み合わせを指しています。例としては、カーテンの色が赤系統でソファがグリーン系統といった様に、お互いの色が引き立ってメリハリのある空間になります。

③家族が落ち着けるカラーを重視

カーテンの色選びでは、一緒に住む家族の気持ちも考える事もポイントの一つです。 ここでいう家族の気持ちとは、カーテンの色を決める前に「カーテンはどんな色が良い?」と聞いてあげる事で、家族が安心して過ごせるカーテンの色が選べます。 中には「カーテンの色選びはあなたにお任せします」といった答えが返ってくる事もありますが、そうなった時のカーテンの色選びは、最初にご紹介した色の配分や配色パターンを参考にして、カーテンの色を選ぶと良いでしょう。

④ナチュラルなカラーで広くみせる

カーテンの色をアイボリーやベージュなどのナチュラル系にすると、空間を広くみせる効果が期待できます。 お部屋は家具や物が増えると狭くなりがちですが、カーテンの色をナチュラル系にすると窓を主張しないので、圧迫感のない空間で広く感じさせてくれます。 また、そこまで広くない空間の窓のカーテンにブラウンやグレーなど濃い目の色を使うと、圧迫感が強くなりお部屋を狭くみせてしまいますので注意が必要です。 窓の大きさや数、お部屋全体のバランスを考えながらカーテンの色を選びましょう。

カーテンの色は風水と関係がある?

ここからは、カーテンの色と風水の関係についてご紹介します。 風水に凝る女性も多いですが、カーテンも立派な風水アイテムなので、カーテンの色も目的に合わせて選ぶと良いですよ。

恋愛運にはピンク系・オレンジ系

最初にご紹介するのは、カーテンの色をピンク系やオレンジ系にする事です。 カーテンの色をピンク系にすると、風水における恋愛運、オレンジ系にすると風水における人間関係など、カーテンの色をこれらの色に変えるだけで人気運をアップさせる効果が期待できます。 こういった理由があるので、寝室や風水における家庭運に関係している北側の窓には、これらの色をしたカーテンを選ぶと効果的です。 ちなみに、ピンク系のカーテンの模様は、恋愛や出会い運アップにつながる花柄がオススメです。

金運にはイエロー系


続いてご紹介するのは、カーテンの色をイエロー系にする事です。 カーテンの色をイエロー系にすると、風水における金運アップにつながる事が期待できます。 イエロー系は金運アップに効果的なのは有名ですが、カーテンの色でも同様です。 イエロー系のカーテンは西側の窓には、これらの色をしたカーテンを選ぶと効果的です。 また、イエロー系はちょっとキツいと感じた場合は、カーテンの色をベージュやクリームなど暖かい色にしても、風水的には同じ様な効果が期待できます。 ちなみに、イエロー系のカーテンの模様は水玉や星柄がオススメです。

仕事運にはブルー系


続いてご紹介するのは、カーテンの色をブルー系にする事です。 ブルー系は風水で冷静さや浄化作用を表してくれるので、仕事運アップに効果が期待できます。 仕事でいい結果を出したり人脈を広げたい方には、カーテンの色をブルー系に統一する事もポイントです。 カーテンをブルー系の色にするオススメのお部屋は寝室や東側・南東側の窓で、これらのお部屋にブルー系のカーテンを掛けると風水的に効果が期待できます。 ちなみに、ブルー系のカーテンの模様は星柄がオススメです。

健康運にはグリーン系


続いてご紹介するのは、カーテンの色をグリーン系にする事です。 グリーン系は風水的には癒し効果を表してくれますし、毎日を健康的に過ごしたい方にオススメです。 カーテンをグリーン系の色にするオススメのお部屋は東側の窓で、慢性的な疲れや体調不良を感じている方に特にオススメです。

万能運にはベージュ系


最後にご紹介するのは、カーテンの色をベージュ系にする事です。 ベージュ系やブラウン系は一見地味ですが、風水的には安定運の向上が期待できます。 また、ベージュ系のカーテンは、どんな方角でも合うので家全体をベージュ系にまとめたい方にオススメです。 ちなみに、ベージュ系のカーテンの模様はテェック柄がオススメです。

お部屋別のおすすめカーテン色

最後にご紹介するのが、お部屋別にオススメしたいカーテンの色です。 カーテンの色とマッチしたお部屋は、とてもリラックスできる空間にもなります。

リビング

リビングのカーテンの色を選ぶポイントには、以下の3つがあります。 ・原色や鮮やかな色はカーテンの色に採用しない ・家族全員が安心できる色をカーテンの色に採用する ・来客があることを考えてカーテンの色を選ぶ 赤や青、黄色などの原色系や鮮やかな色をカーテンの色にしてしまうと、気分を盛り上げてリラックスしにくいなります。 リビングは家族や来客がある場所なので、そこに集まる人の居心地を考えたカーテンの色を選ぶと安心です。 ちなみに、一人暮らしの方は来客メインでカーテンの色を選ぶ事をオススメします。 リビングにオススメのカーテンの色は、ベージュ系やブラウン系、中間色のグリーン系でも心身がリラックスできる色なのでリビングにオススメです。

寝室

寝室のカーテンの色を選ぶポイントには、以下の3つがあります。 ・カーテンの色にダークトーンの色は採用しない ・興奮状態を引き起こす赤は寝室のカーテンの色に向いていない ・寝室のカーテンの色は睡眠の質があがるブルー系がオススメ 寝室は1日の疲れをゆっく取る場所でありますし、1日を気分よくスタートさせる場所です。 ダークブラウンやダークグレーなど彩度の低い色のカーテンは、気分が落ち込み、さらには不眠につながりやすいので可能な限りだけ避けたい色です。 そんな寝室のカーテンの色は、高ぶった神経を優しく鎮める効果が期待できるブルー系がオススメです。 ブルー系が視界に入ると脳内にセロトニンと呼ばれる気持ちをリラックスさせる成分が分泌されます。

子供部屋

子供部屋のカーテンの色を選ぶポイントには、以下の3つがあります。 ・子供部屋のカーテンにはダークトーンの色は避ける ・明るいトーンのカーテンの色は子供部屋と相性が良い ・子供部屋のカーテンの色はお子様の年齢に合わせて選ぶ 子供部屋には子供さんの好きな絵本やオモチャなど、目にも鮮やかなな物が多くありませんか? 子供部屋のカーテンがブラック系やグレー系などのダークトーンの色になってしまうと、カラフルなオモチャとバランスが取りづらく、せっかく付けたカーテンが浮いてしまいます。 そんな子供部屋にオススメなカーテンの色は、ライトピンクやライトイエローなどの淡い色です。 また、子供さんの成長に合わせてカーテンの色を変えてあげる事もポイントで、子供部屋の中にある物とのバランスを考えたカーテンの色を選びましょう。

書斎

書斎のカーテンの色を選ぶポイントには、以下の3つがあります。 ・書斎のカーテンの色は精神的に落ち着かせて集中力も上げるブルー系がオススメ ・パープル系も集中力を高めてくれるので書斎のカーテンの色にオススメ ・効率を上げたい時はベージュ系も書斎のカーテンの色にオススメ 書斎は仕事はちろん、本を読む時も使うお部屋ですが、仕事や読書に集中できる様な色をカーテンに採用する必要があります。 また、書斎には本がたくさん並んでいるので、紫外線が入って本の色あせや劣化を防ぐために遮光カーテンやUVカット加工のレースカーテンなどがオススメです。 書斎にオススメのカーテンの色はブルー系・パープル系・ベージュ系ですが、アイデアが欲しい時には差し色としてイエロー系をカーテンに採用する事もオススメです。

和室

和室のカーテンの色を選ぶポイントには、以下の3つがあります。 ・落ち着いたイメージを保つためベージュ系がオススメ ・外からの光を取り入れたいなら無地のカーテンもオススメ ・和モダンにしたい時はブラックやグレー系もオススメ 和室のカーテンの色は、畳があるので必然的に落ち着いた色になります。 畳や柱、壁など本来の色を邪魔する事なくカーテンの色選びがしたいところです。 基本的にベージュ系のカーテンの色であれば、そこまで和室のイメージを壊す事はありません。 また、カーテンではなくハイカムシェードやブラインドを採用する場合もありますが、その時にも落ち着いた色を採用する事がオススメです。

目的にあったカーテンの色を選びましょう

カーテンの色を変えると、変える前とガラッとお部屋の雰囲気が変わりますし、何よりも気持ちがリフレッシュします。目的に合ったカーテンの色で素敵な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか?