自分に似合う色がわかるパーソナルカラーは、服やヘアメイクのカラー選びにとても役立ちますよね。けれど服選びには、デザインやシルエット、素材など自分にぴったりなアイテムがわかる骨格診断も取り入れるのがベスト!今回は、自分の骨格タイプをセルフで診断できるチェックポイント、それぞれの骨格タイプにオススメのデザインを解説します♪



ウェーブタイプ:骨が細く華奢なカーヴィーボディが特徴的


O-rangeさん(@imorikun)がシェアした投稿 -

ウェーブタイプは、骨が細い・身体に厚みがない・ゆるやかな曲線を描いたような華奢なボディラインなどが特徴的で、どちらかというと首は長めで下重心の方が多いです。

肩やデコルテも細めで、鎖骨や肩甲骨も小さめですが目立ちやすいと言えます。
また、腰の位置は低め、ヒップは平面的、肌質はふんわりとしているという特徴も。

筋肉よりも脂肪がつきやすく、肌に触れると脂肪のやわらかさを感じさせます。



ストレートタイプ:上重心でグラマラスな厚みのあるボディラインが特徴的


Yoko Kojimaさん(@salonmyownstyle)がシェアした投稿 -

ストレートタイプは、厚みのある身体・筋肉質・グラマラスでメリハリのあるボディラインが特徴的で、上重心タイプの方が多いです。

首は短めで鎖骨や肩甲骨はあまり目立たず、バストやヒップの位置は高め、ウエストラインははっきりとしています。
また、膝から上は太めで膝下は細く、横から見ると筋肉による厚みを感じます。

脂肪よりも筋肉がつきやすく、ハリと弾力のある肌質もストレートタイプの特徴です。



ナチュラルタイプ:しっかりとした骨格と長い手足が特徴的


hanaeさん(@doudou_hanae)がシェアした投稿 -

ナチュラルタイプは、しっかりとした骨格・平面的で中性的なボディライン・上半身と下半身の偏りがなく、少し骨ばったイメージがあります。

ヒップは平面的で、長めのヒップラインと厚めの腰骨、身長のわりに手足が長い点も特徴的。
また、すねやアキレス腱が太く、くるぶしや関節も大きめ。

体質的には太りにくい方が多く、肉感的なイメージはありませんが、?せていても華奢な印象はありません。
肌質は乾燥しやすく、皮膚の厚さを感じます。





スタイルアップが叶う! 骨格タイプ別 おすすめアイテム

オススメの素材やシルエット、デザインなどは、それぞれの骨格タイプによって異なります。
ここでは、おすすめのアイテムを骨格タイプごとにご紹介します♪


ウェーブタイプ:ソフトでエレガントなフィット&フレアーシルエットを


Erena Takahashiさん(@erenatakahashi)がシェアした投稿 -

ウェーブタイプの女性は、やわらかな素材や装飾的なデザインが似合います。

デザインはフリルやフレアなど、エレガント・華やか・フェミニン・キュートさをイメージしたアイテムを、素材はシフォンやレース、起毛素材などのソフトな質感がカギに。



ストレートタイプ:シンプルでリッチな定番のベーシックデザインを


にゃんころさん(@nyankoro12345)がシェアした投稿 -

ストレートタイプの女性には、シンプルでスタンダードなベーシックデザインが似合います。

定番的なシャツカラーやテーラードジャケット、ノンウォッシュタイプのノーダメージデニムなど、正統派のきれいめスタイルがぴったり!また、コットンやシルク、カシミヤ、ウールなどの高級感のある上質な素材も◎



ナチュラルタイプ:ラフな天然素材をカジュアルに着こなして


にゃんころさん(@nyankoro12345)がシェアした投稿 -

ナチュラルタイプの女性には、ラフなカジュアルスタイルがぴったりです。

トップスはドルマンスリーブやベルスリーブ、ボトムスはワイドパンツやマキシ丈のフレアスカートなど、ボリューミーなアイテムを。
素材はコットンや麻、デニムなどの天然素材のほか、コーデュロイやツイードといった肉厚な素材をチョイスして♪





パーソナルカラーと骨格診断で最高のおしゃれを!


Erena Takahashiさん(@erenatakahashi)がシェアした投稿 -

骨格タイプに似合うアイテムは、おしゃれ度だけではなくスタイルアップ効果も高めてくれます。

2018年の夏はパーソナルカラーに骨格診断も取り入れて、『本当に似合う着こなし』でお出かけしたいですね♪




パーソナルスタイリスト札幌 竹内きえこ