イベント盛り沢山な夏。楽しんだ翌日に、寝不足でお疲れ顔になっていませんか?今回は、パーソナルカラーを使ってお疲れ顔を吹き飛ばすテクニックを公開!ぼんやり浮き上がってしまったクマの消し方は?顔映えするチークやリップの選び方とは?夏のお疲れフェイスを蘇らせるメイクのコツ、教えます♪





クマに効果的なコンシーラーのカラーとは?


楽しいイベントが盛りだくさんだからこそ、夏は何かと寝不足気味にもなりがち。

そんな時、必ずセットでついてくるのが、マイナスな印象を与えてしまう目の下のクマ!

青っぽくできてしまったクマ。
これを隠すとき、どんな色のコンシーラーを選んだら良いでしょう?


答えは、オレンジやアプリコット。


上の図は、波長の長さ順に色をならべた“色相環”と呼ばれるもの。

オレンジやアプリコットは、青みのある色の真逆に位置する色たちです。
色相環上で反対に位置する色同士は補色と呼ばれ、お互いを補う効果があります。

つまり、肌に近いオレンジやアプリコットなど、青とは真逆の色を重ねる事で、青グマを抑えることができるというわけなんですね♪

是非お試しあれ!





肌トラブルがある時にこそパーソナルカラーを


似合う色は、顔色を明るく元気に、肌ツヤもよく若々しく魅せてくれる効果があります。
さらに、隠したいところを目立たなくする効果も!

だからこそ肌トラブルがある時には、是非パーソナルカラーを効果的に使うことをお勧めします♪



今更聞けないチークカラーの選び方とは?


青味よりのピンクはブルーベースさん向けの色、黄味よりのピンクはイエローベースさん向けの色です。

さらに、もう皆さんご存知の通り、
ブルーベースのサマーさんは、パステルピンクやローズピンクなど、
青味よりで明るく穏やかなピンクがオススメ!

ブルーベースのウインターさんなら、ショッキングピンクやローズピンクなど、
青味よりで鮮やかなピンクが◎

また、イエローベースのスプリングさんは、コーラルピンクやオレンジに近いピンクなど、
黄味よりで明るくクリアなピンクがオススメです。

イエローベースのオータムさんは、サーモンピンクやベージュに近いピンクなど、
黄みよりで落ち着いたピンクを選びましょう。





お似合いリップの選び方


Amazonの画像

Amazon

スプリングさんは、明るくクリアなW2・W3・W5あたりの色を、
オータムさんなら、落ち着いた深みのあるW7・W8・W9あたりの色がオススメです。


Amazonの画像

Amazon

また、サマーさんは、明るく穏やかなC1・C4・C5あたりの色を、
ウインターさんは、鮮やかで強いC2・C3・C6あたりの色がオススメです♪



選ぶ色1つで、大きく印象が変わるのがメイクの奥深いところ。

苦手な色を選んでしまうと、クマやシミがより目立って見えたり、顔色が暗く見えたり、青白く見えてしまったりします。

「似合う色」という武器をこっそり使って、肌トラブルを吹き飛ばし、この夏を元気に楽しく過ごしましょう♪



Brilliant color きらり*
齋藤久美子