色には、収縮色と膨張色というものがあります。収縮色は、実際よりも見た目を小さく、膨張色は、実際よりも見た目を大きく見せる効果があります。ファッションにおいても、収縮色を選ぶか、膨張色を選ぶかで、体型の見え方は歴然!そこで今回は、収縮色の代表と言える「黒」に注目。黒の効果的な着方をお届けします♪



着やせには黒い服を選べば正解?


「体型が気になるから黒い服を選びがち。」
という声をよく聞きます。
確かに、黒は収縮色であり体型をスッキリ見せる効果があります。

けれど場合によっては、実年齢よりも上に見えてしまったり、周囲から話しかけにくいオーラを作ってしまうことも。
着やせが叶っても、見た目の印象がマイナスになってしまったら悲しいですよね。

そこで今回は、黒だけに頼らず、あなたに似合う色を効果的に使った着やせテクをお届けします♪
あなただからこその着やせを叶えて下さいね!



着やせ効果を狙うなら


🇲ieさん(@puu326)がシェアした投稿 -

① 膨張色(暖色系)より収縮色(寒色系)を選ぶ
② 縦のラインを強調させる

黒は、ブルベ冬タイプさんが得意とする色。
それ以外の方には、少し印象が強くなりがちです。
重みを感じる色でもあるので、黒ばかりでかためてしまうと、重い印象のコーデになってしまう恐れも。

そんなときは、縦長効果を狙いつつ、中に持ってくる色を明るくすれば、印象はずいぶん変わり涼しさも感じられます。

ブルベ夏タイプさんなら、中に持ってくる白は、純白ではなくオフホワイトがオススメ!
他にも、水色やラベンダー色など、パステル系の寒色もいいですね♪





ストールテクニックでさらに着やせ!


住野ゆかりさん(@yukarisumino)がシェアした投稿 -

気温が高くなるにつれ、外と中での温度差が激しくなります。
日焼け対策やクーラー対策など、夏でもストールを使う機会がありますよね。

黒トップスに合わせるなら、似合う色のストールを選びましょう!
ボリュームを縦ラインに持ってくることで着やせ効果がでて◎

例えば、寒色系で青を選ぶなら、
ブルーベースさんは、水色やロイヤルブルーを、
イエローベースさんは、トルコブルーやターコイズブルーがオススメ。



中に黒で引き締め効果を


COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

着やせを狙うなら、中に黒を着るというのももちろんあり!

Gジャンを合わせるなら、
明るめの色が似合うイエベ春タイプさんとブルベ夏タイプさんは、明るいブルーを、
濃いめの色が似合うイエベ秋タイプさんとブルベ冬タイプさんは、濃いブルーをぜひチョイスして♪





イエローベースは、着やせが難しい?


暖かみを感じる色=暖色系が得意なイエローベースタイプには、着やせは難しいの?
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません♪

例えばイエローベースのキャメル色のシャツワンピでも、黒と組み合わせれば、しっかりしまります。
縦長コーデでスッキリ感も!
胸元に、インナーの黒が見えたら、よりスッキリ見えますよ。

Miyu☺︎さん(@miyumo_21)がシェアした投稿 -

キャメルのジャケットも、羽織っている姿のほうが、スッキリしてみえますよね。
このコーデは、インナーがボーダーですが、黒にすることで着やせ効果はもっとアップします♪



ついに暑い夏が始まりました。
肌の露出が多くなり、体型も気になる季節。
着やせにプラスして、似合う色で印象もアップ!
上手に色を選んで夏を楽しんで下さいね。




Brilliant color きらり*
齋藤久美子