1枚着るだけで一気に夏モードになれるサマードレスは、ワードローブに加えたいアイテムの1つ♪似合うカラーのサマードレスなら、あなたをステキに演出してくれること間違いなし!今回はパーソナルカラー別にサマードレスのコーディネートをまとめましたので、これからくる夏ファッションの参考にしてくださいね。

イエベ春


甘さをおさえたコーラルピンクのサマードレスは、華奢な肩ひもが女性らしい印象に。
分量多めのギャザーが作るふんわり感が大人の余裕を感じさせます。
サンダルのグリーンとコーラルピンクのカラーコントラストが◎


makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿 -

「オフショルダーデザインはちょっと不安」という方にオススメなのが、肩紐が付いているサマードレス。
大胆に肩を出しても、ベージュのカラーとリボンのウエストマークで、好感度の高いコーディネートになっています。
小物の白がほんのりとした差し色効果に♪


「サマードレス、かわいいけど飽きるかも。」と感じている方には、サマードレス風に見えるセットアップを。
カスタードクリームのようなまろやかなイエローのものなら肌になじみやすく◎
透け素材であっても織柄があれば、透けの心配もやわらぎます。



ブルベ夏


Deuxieme Classeさん(@deuxiemeclasse)がシェアした投稿 -

胸元の大きめのフリルがインパクトのあるサマードレス。
ウエストのギャザーが細見えを実現してくれます♪
ラベンダー色のサマードレスの足元は、肌に近いベージュのサンダルがベストマッチ!
足元にも軽さをプラスするために、暗い色は避けるようにしましょう。



@limaclosetがシェアした投稿 -

ブルーのギンガムチェック×バックツイストデザインは、夏の訪れが待ち遠しくなるサマードレス♪
背中の開き具合と、裾のスリットの深さバランスがGOOD!
長袖なので、秋口まで着られるサマードレスです。


真っ青の空によく映えるピーコックグリーンのサマードレスは、スクエアネックがすっきりと見せてくれます。
合わせる小物は白に決まり!爽やかさとアクセントが加わります。
ビビッドなネイルも夏気分を盛り立ててくれますよ♪



イエベ秋


元気な印象を与えてくれるオレンジのサマードレスを、ゆったりフォルムで着てリラックスムードに。
ドロスト紐でウエストにゆとりを持たせたり、キュっと結んでメリハリを付けたりできると色んな雰囲気が楽しめます。


BAYCREW'S GROUPさん(@baycrews)がシェアした投稿 -

チョコレートブラウン×ティアードデザインのサマードレスは、重たくなりがち。
でも、深めのVネックデザインや、小物の素材感が軽見せに成功!
秋初めのまだ暑い日にも使える重宝アイテムです。


落ち着いたニュアンスカラーのサマードレスは、肌を思いっきり出しても派手な印象になりません。
髪の色やメイクを明るいブラウン系にして軽さを出すのが◎
ウエストの切り替え位置を高めにすると、脚長効果が期待できますよ。



ブルベ冬


yukiさん(@yuki_takahashi0706)がシェアした投稿 -

鮮やかなブルーのアイテムは、身に纏うだけでおしゃれに見える優れもの!
真っ白の小物を合わせてコントラストの効いたコーディネートにするのがオススメです♪
こなれ感を出したい時は、かすかにベージュがかったパナマ帽やサンダルを合わせてなじませましょう。


Megumi Kanzakiさん(@megumi_kanzaki)がシェアした投稿 -

パフスリーブとウエストのリボンがフェミニンなサマードレス。
単色でシンプルになりがちなところを、ワンショルダーや裾のアシンメトリーなデザインにすることで個性的なスタイルに。
バイオレットのサンダルが、真っ白のサマードレスをさらにクリーンに見せています。


accoさん(@acco.mama)がシェアした投稿 -

エプロンタイプのサロペットワンピースは、今っぽさを出すのにオススメのデザインです。
インナーは体にフィットするものをセレクトすれば、きれいめに着こなせますよ。
白×黒のカラーコーディネートに赤の小物を合わせるなら、深めの赤の一択です!



今回は暑い夏を盛り上げてくれるサマードレスのコーディネートをご紹介しました。
サマードレスはリゾートの際の装いだけではありません。

最近は街中でも楽しめるサマードレスがたくさん出ていますので、リゾート地に行く予定がなくても、夏のワードローブ候補に検討してみてくださいね♪




Keyko