夏らしいファッションにシフトし始めるこの頃は、日差しが強いのに風が冷たかったり、朝晩の寒暖差が大きかったりで、体を冷やしてしまいがち。そこで今回は、冷え対策とおしゃれを両立してくれる、Gジャン、ジャケット、カーディガンを使ったコーディネートをまとめました!羽織りを携え、冷え知らずで初夏を楽しみましょう♪

イエベ春


wg_satoさん(@wg_sato)がシェアした投稿 -

2018年のトレンドアイテム“ Gジャン”。
やや大きめサイズを羽織るように着ると、今年らしい着こなしになって◎
ハードな印象のGジャンですが、ふんわりシルエットのグレージュのドレスに合わせるとやさしい雰囲気に♪


大日方久美子さん(@kumi511976)がシェアした投稿 -

夏になると着たくなる白のTシャツは、スニーカーで夏らしさを、ピンクのパンツと橙色のバッグで女性らしさを演出!
やわらかい色みのコーディネートを、ネイビーのジャケットで引き締めたコーディネートです。


持ち歩きに便利なカーディガンは、初夏の羽織りのマストアイテム!
若草色のようなキレイ色なら、Tシャツとデニムの王道コーディネートも華やかに仕上がります。
第1ボタンだけを留めて羽織るとこなれ感が出ますよ♪



ブルベ夏


♡♡♡さん(@ry.0123)がシェアした投稿 -

重たくなりがちなGジャンを爽やかに着こなすには、インナーを白にしたり、足元をヌーディにして抜け感を作る工夫が必要です。
羽織っているGジャンの袖を折って短くすることで、全体をコンパクトに見せているのもGOOD!


着こなすのが難しいマニッシュな印象の白ジャケットなら、クールなコーディネートを目指しましょう。
パステルカラーではなく、くすみ系カラーのアイテムやシルバーの小物をセレクトするとうまくまとまりますよ。


mikaさん(@mmk__56)がシェアした投稿 -

黄み系カラーを避けた方がいいブルベ夏さんが、トレンドのチノパンを取り入れるならロイヤルミルクティーのような色みを。
ネイビーのカーディガンで、白×ベージュのありがちなコーディネートが一気に洗練コーディネートに♪



イエベ秋


武藤 京子さん(@kyokomuto0628)がシェアした投稿 -

濃い色アイテムのコーディネートはイエベ秋さんの得意とするところ。
白のアイテムを取り入れることで軽く見せつつも、さらにGジャンのボタンを留めて着たり、ロングスカートを張り感のあるものにしたりしているところが、軽見せに成功している要因です。


BAYCREW'S GROUPさん(@baycrews)がシェアした投稿 -

アクセントカラーにもなじませカラーにもなるカーキのジャケットは、1枚持っていると便利なアイテム♪
トップスとボトムをアースカラーの同系色でコーディネートすると、大人格好いいコーディネートの出来上がりです。


肌の色に近いサーモンピンクは、ロング丈かつ細身シルエットのカーディガンなら、ぼけた感じなるのを避けられます。
ボトムにベイカーパンツなど裾の広がったものを選ばないことも重要!
小物でカラーアクセントを付けるのも忘れずに♪



ブルベ冬


Gジャンは襟を後ろに引いた「抜き襟」に着るのが今年流です。
濃いインディゴのジャケットと、鮮やかなフューチャーピンクのマキシ丈ロングスカートを使ったメリハリのあるコーディネートは、ボーダーのインナーでなじませると◎


Asami Tsubotaさん(@asamit1201)がシェアした投稿 -

ビジネスシーンでも使えそうなこのコーディネートは、シックな色みのパンツスタイルだから、インナーのカラーが派手めでデコルテが開き気味でもいやらしく見えません。
白のバッグや黒&白のスカーフが清涼感をプラスしています。


黒と白のコーディネートに、ライムグリーンのカーディガンを合わせたスタイル。
白の分量を多くしたり、かごバックを合わせたりすることで夏らしい装いに。
赤ネイルのささやかな差し色がステキです♪



羽織りは梅雨の時期も大活躍!

袖を通さず、肩に掛けるだけでも大いに使える羽織りは、風が直接肌に触れないという機能的な魅力はもちろん、スタイルアップする点も◎

羽織りをうまく使って、梅雨の時期や肌寒い日も元気に過ごしましょう♪



Keyko