一目惚れして買った新色のリップ。 手持ちのコスメと組み合わせて使ってみたものの、なんだか変!?しっくりこない…。 コスメカウンターでメイクしてもらった時はとても素敵に見えたのに、自分で使ってみると、「ん!?」「こんなはずじゃなかった」「買物、失敗しちゃったかも!?」なんて経験はありませんか? それはもしかしたら、パーソナルカラーのベースの違いに原因があるかもしれません。

パーソナルカラーのベースって何?


パーソナルカラーの診断法はいくつかありますが、日本で最も普及しているのは4シーズン方式と呼ばれるもの。

「春」「夏」「秋」「冬」の4種類のグループに分けて、似合う色がより多く含まれているグループを見つけていく方法です。
この4種類のグループは、「春」「秋」のイエローベースと「夏」「冬」のブルーベースにわけられます。



温かみのあるイエローベースとクールな印象のブルーベース


イエローベースと、ブルーベースの違いを簡単に言うと、標準色に比べて、

“黄み”が多めに混ざっている色がイエローベースの色、
“青み“が多めに混ざっている色がブルーベースの色

になります。

絵の具の混色をイメージしてみてくださいね。
例えば、標準的な赤に対して、少し黄色を混ぜると、トマトのようなオレンジがかった赤になります。
これがイエローベースの赤です。
同じく標準的な赤に、青を少量混ぜると、リンゴのような少し紫がかった赤になります。
これがブルーベースの赤です。

同じ「赤」といっても、イエローベースのほうは、温かみをより強く感じ、ブルーベースのほうは赤なのに少しクールな印象に。

このように、同じ色でも、黄みが強いのか、青みが強いのか、ほんの少しの違いで印象が異なるのです。



コスメのベースを統一すると



それでは、実際のメイクに置き換えて、配色を考えてみましょう♪

例えば、アイシャドウにイエローベースのベージュ、チークにイエローベースのオレンジ、リップにイエローベースの赤を合わせたとします。
顔全体のコスメがイエローベースなので、まとまりのある配色に見えますね。

では、リップをブルーベースの赤に変えると、どうでしょう。

リップだけが浮いて見え、なんとも言えないチグハグな印象に見えませんか? 

違和感のない配色に見せるには、目元、頬、唇の色が、イエローベースかブルーベースのどちらかに統一されていることが大事!ということなのです。



あなたのお肌のベースはイエロー?ブルー?


コスメアイテムをイエローベースまたはブルーベースのどちらかに統一するとよい、というお話をしてきました。

でも、まとまりがあるだけでなく、より素敵な印象に見せるには、コスメアイテム同士の相性だけでなく、あなたとアイテムの相性もとても大事!
自分のお肌がイエローベースなのか、ブルーベースなのかわからない、という方はぜひ一度、カラーアナリストなど色の専門家に診断してもらってくださいね。

コスメだけでなく、ファッション全般に活用できるので、センスが磨かれ、コーディネートがますます楽しくなって印象アップ間違いなしですよ♪



ムーンカラー主宰 カラーリスト/メイクセラピスト 塩月美香子

 

 

-----

COLOR MEの会員になると、自分のパーソナルカラーに合うコスメ情報や会員限定記事がチェックできます☆