結婚式は一生に一度の晴れ舞台。そしてその主役と言える花嫁の誰もが、その日は最高に美しいドレス姿でゲストを迎えたいと願うのではないでしょうか。でも、自分で満足のいくものをじっくりと選びたいけど、たくさんあるドレスを目の前にすると、「似合う色がわからない、たくさんありすぎて選べない!」という声がとても多いのが現状です。今回は、そんなカラードレス選びに悩むプレ花嫁さんに向けて、あなたを最高に美しく魅せるカラードレス選びのコツをご紹介します。

ドレス選びのポイントは?


ご両親やゲストに見守られながらの厳かな挙式が終わると、次は披露宴という流れが一般的ですよね。
そして、花嫁さんがお色直しに着るカラードレスは、あなたの個性を存分に表現でき、ゲストも楽しみにしている、とても大切なもの。

では、そんなカラードレスを選ぶ際、どんなポイントがあるでしょうか?

例えば、自分の好きな色を着る、または季節に合わせたイメージで選ぶ方法があります。
また、デイタイムか、イブニングタイムなのかなど、披露宴を行う時間帯を考慮して選ぶのも忘れずに!
デイタイムは明るく軽やかな色、イブニングタイムならぐっと大人っぽく落ち着いた色みにするなどの演出も素敵ですね。

次は、パーソナルカラー別におすすめのカラードレスをご紹介します♪


スプリング


サーモンピンクやコーラルピンクなど、暖かみのある明るいピンクはかわいらしく優しい雰囲気に。

また、爽やかな春風を思わせるスプリングさんのブルー選びは、アクアブルーなど少し黄みを感じるものを選ぶと◎

春に咲くタンポポのような暖かみのあるイエローは、元気ではつらつとした印象に♪
イエローは見る人を楽しい気分にさせる効果もあるので披露宴にもぴったり!


サマー


上からベールをかけたような少し霞がかった色は、サマーさんのソフトな雰囲気を引き立ててくれます。

淡くスモーキーなピンクやローズは可憐な印象に。

ラベンダーや少し紫がかったブルーなど、紫陽花を思わせる淡い色は、サマーさんをより洗練された女性らしい印象に魅せてくれます。


オータム


こっくりとしたリッチな色が大人っぽく映えるオータムさんには、ダックブルーや少し濁りのあるオレンジ、落ち着いたモスグリーンなどがよく似合います。

素材は、サテンなどのつやのある生地よりも、チュールレースなど光沢を抑えたものが◎

ゴールドのスパンコールやアクセサリーと合わせることで、よりゴージャスに仕上がります。


ウィンター


ウィンターさんには、ロイヤルブルーやマゼンタなど、目の覚めるような鮮やかな色がとっても良く似合います♪

少し暗く映るネイビーも、スパンコールやラメがあしらわれた華やかなものを選ぶと◎

シルクやサテン生地などツヤのある素材を選ぶことで、ウィンターさんの華やかな魅力が
さらに引き立ちます。



いかかでしたか?
人生で最高に幸せな結婚式、主役は他でもない、あなたです。
花嫁を美しく魅せてくれるドレス選びに、ぜひ役立ててみてくださいね。



color salon ulala 浅野 真生