ファッションにおける基本色、ベーシックカラー。トレンドに左右されることなく、どんなスタイルにも合わせやすい、私たちの強い味方です。一方で、ベーシックカラーはその使い方を間違えると、パッとせず地味に見えてしまいがち。だからこそベーシックカラーを効果的に取り入れたい時は、パーソナルカラーを活用して。自分に合った色を身に纏えば、見た目の印象がグッと洗練されること間違いなし!

ベーシックカラーってどんな色?


ベーシックカラーとは、その名の通り「基本の色」。ホワイト・ブラック・グレーなどの無彩色や、ベージュ・ブラウン・ネイビーなどが当てはまります。


主張が少ない色ですが、それだけにコーディネートの腕が問われるのも事実。
『何か物足りない』、『顔の印象がパッとしない』、『あか抜けない』など、ベーシックカラーの取り入れ方に悩みを抱える人も多いのでは?

けれど、基本の色使いをマスターすれば、あなたのおしゃれの幅はグッと広がります♪



『似合わない』の意外な理由


ベーシックカラーにも、微妙な色の差があることをご存知ですか?

例えば白。純白やオフホワイト、アイボリーなどその種類は様々。
「白シャツが似合わない」と感じている方は、その白の色味に原因があるかもしれません。
真っ白なシャツを乳白色のものにするなど、白の種類を変えることで、鏡に映る姿が見違えるほど変化するかも!

『似合わない』と諦めてしまう前に、自分に合ったベーシックカラーを探してみてくださいね。



ベーシックカラーで垢抜けコーディネート


スプリングタイプやオータムタイプの方は、暖かみを感じる黄みよりの色がおすすめです。
ブラウンやベージュはもちろん、グレー・ネイビー・ホワイトも全体的にウォーミーな色を選ぶと◎

グレーを着た際に、顔の印象が青白く感じるなら、アクセサリーや小物、ポイントメイクにレッド・オレンジ・イエローなどの暖色カラーをプラスしてみて。

また、サマータイプやウィンタータイプの方は、すっきりとした印象の青みがかった色をチョイスしましょう。
特にブラウンやベージュを着る場合には、青みの強いものをセレクトすると顔映りが良くなります。

よりクールさを表現したいなら、シルバーのアクセサリーや青系のポイントメイクでトータルコーディネートを♪
ブルーベース特有の、色白効果が際立つ色選びに挑戦してみてくださいね。



迷った時には比べてみよう


ベーシックカラーの服を買うぞ!と意気込み出かけたものの、自分に似合う色か分からない……
そんなお悩みを感じたら、まずはお店をぐるりとひとまわり。

欲しいベーシックカラーのトップスを手にしたら、少々ニュアンスの異なる同系色をもう一枚。
どちらの色がより自分の顔に映えるかを、じっくり比べてみてください。
人間の目は色を見極めることに長けているので、迷った時こそ2色以上を比較してベストな色を選びましょう。

基本の色選びが上手になれば、きっとコーディネートの印象がぐっと垢抜けるはず。
ベーシックカラーを取り入れた、あなたらしいファッションを満喫してくださいね。



スタイルクリエーション 田後晶子