ビジネスや食事会、行事などでも着る機会が多いスーツ。男性の場合、「戦闘服」なんて表現がされることもありますが、女性にとってもスーツの着こなしは、信頼感や清潔感を表現する重要なアイテム。今回は、シーンに応じたスーツの着こなしテクニックをご紹介!スーツの色によく使われるベーシックカラーと、インナーや小物などで使うアクセントカラーについて、パーソナルカラータイプ別にお伝えします。

スプリングタイプ


【ベーシックカラー】

ベージュ・ライトネイビー・ピーチグレー(赤みを感じるグレー)

【アクセントカラー】

コーラルピンク・ピーコックグリーン

可憐なイメージや、カラフルな色遣いが得意なスプリングさん。
ただ、ビジネスにおいては多色遣いが不向きなことも多々ありますよね。

そんなときは、メイクやアクセサリーでスプリングさんらしさを表現しましょう。
例えば、チークにコーラルピンクをのせてみたり、ネックレスにポイントでカラーを入れてみたりするだけでも、顔映りがパッと華やかになります。

また、スプリングさんに似合う、赤みのあるグレーのジャケットに、ピーコックグリーンのインナーなど鮮やかな色をコーディネートすると、華やかさの中にもモダンを感じさせる大人スタイルの完成です♪



サマータイプ 


【ベーシックカラー】

ネイビー・ライトグレー・オフホワイト・シルバー

【アクセントカラー】

ベビーピンクやラベンダーなどの明るい色・ローズピンク

比較的、明るくて爽やかな色が似合うサマーさん。
ただ、ビジネスにおいて明るい色は軽く見られがちで、信頼感を与えるには不向きな場合も。

そこで、「信頼」を得たいときに選んでほしいベストカラーは、ネイビー。
合わせるなら、ピンクやラベンダーなどのふんわりとした明るい色のインナーよりも、オフホワイトやシルバーでシャープに魅せるのがオススメ♪



オータムタイプ


【ベーシックカラー】

アッシュグレー・キャメル・ダークブラウン

【アクセントカラー】

モスグリーン・テラコッタ・サーモンピンク

深みのある落ち着いたイメージの色が似合うオータムさん。
モノトーンだけのコーディネートでは、このタイプの方の持ち味が活かしきれません。
とはいえ、黒のスーツなどを着用しなければならないシーンもありますよね。

そんなときは、メイクやバックでコーディネートを。
テラコッタカラーのリップや、ダークブラウンのバックを合わせることで、シャープな中にも温かみのあるコーディネートで素敵に魅せることができます♪



ウィンタータイプ


【ベーシックカラー】

ブラック・チャコールグレー・ダークネイビーなどの暗めのモノトーン、クリアホワイト

【アクセントカラー】

ワインレッド・ヴァイオレット・ピーコックグリーン


シャープな黒が最も似合うウィンターさん。
でも、コミュニケーションを中心としたお仕事の場合は、真っ黒の装いは、威圧感や拒絶感を感じさせることも。

ウィンタータイプの方は、モノトーンの組合せでシャープな印象にしたり、ワインレッドなどのメイクやインナーで女性的なイメージを演出したりと、シーンによって使い分けるのがコツです。



ここぞ!というときに着るアイテムだからこそ、色選びに迷うことがあるのが、スーツ。
ぜひパーソナルカラーを参考に色合わせを楽しんで、あなたらしさを活かしたスーツコーディネートにチャレンジしてみてくださいね♪



スタイルクリエーション 岡田美有紀