最近ではパーソナルカラーが浸透してきて、イエベやブルベ、4シーズンという言葉がよく使われるようになりましたが、実はそのなかでもさらに細かい分類があることをご存知でしょうか? 今回は、16分割のパーソナルカラーと、自己診断のやり方をご紹介します♪

16分割パーソナルカラーとは


まず、パーソナルカラーにはイエローベース、ブルーベースという大枠があります。

色白がブルベ、色黒がイエベ……というような誤解をしている方も多いのですが、肌の色が黄色っぽいか青っぽいかの違いがあるだけ。
色の黒さはパーソナルカラーとは関係ありません。

そして、イエベ・ブルベの中にも、
・春っぽい黄みのパステルカラーが似合うイエローベーススプリング(イエベ春)
・夏っぽい青みのパステルカラーが似合うブルーベースサマー(ブルベ夏)
・秋っぽい黄みのダークカラーが似合うイエローベースオータム(イエベ秋)
・冬っぽい青みのビビットカラーが似合うブルーベースウィンター(ブルベ冬)
のように、4種類の分類があります。

さらに、
イエベ春の中にはライト、ブライト、ウォーム、ビビット
ブルベ夏の中にはライト、ブライト、クリア、クール
イエベ秋の中にはストロング、ソフト、ディープ、ウォーム
ブルベ冬の中にはビビット、クリア、ディープ、クール
といった、各4タイプの計16種類が存在します。

それでは具体的に、16分割のパーソナルカラー自己診断法をご紹介します♪



まずは4シーズンを見極める


できればスッピンの状態で、鏡の前で各シーズンタイプの色布を次々あてていき、4つのシーズンの中からどれが最も顔映りが良くなるのかを見ていきます。
顔色が明るく見える、シミやしわが目立たない……という色が、あなたのパーソナルカラー!
自分で判断できない場合は、他の人に似合う色を聞いてみてもいいかもしれません。



肌質や髪質から判断する


パーソナルカラーは、肌の色だけでなく肌質や髪質からも判断できます。

・イエベ春
肌質:比較的ツヤがある。青グマが目立つ人も。
髪質:量が少ない猫っ毛で黄味の茶色、ツヤはあるがハリがない

・ブルベ夏
肌質:赤みが出やすくマット。茶グマが目立つ人も。
髪質:量が普通~多めで赤味の茶色または黒、ツヤはないがハリがある

・イエベ秋
肌質:マットな質感。すっぴんだと不健康そうに見えることも
髪質:量が少なめ~普通で橙がかった焦げ茶色、比較的マットより

・ブルベ冬
肌質:赤みが出にくくツヤよりな質感。
髪質:量が多めで真っ黒、ツヤとハリがある



似合うトーンをさらに見極める


4シーズンの見極めができたら、そこからさらに絞っていきます。

春と夏が両方似合ったら、ライトまたはブライト。
春と秋が両方似合ったら、ウォーム。
秋と冬が両方似合ったら、ディープ。
夏と冬が両方似合ったら、クール。
春と冬が両方似合ったら、ビビット。
夏と秋が両方似合ったら、ソフト。

そして、秋だけしかしっくりこない場合はストロングで、冬だけしかしっくりこない場合はクリアです。
ブライトはライトより明度が低いのも特徴。



診断の仕方はこのような流れとなりますが、色の好き嫌いや先入観などの影響もあり、自己診断ではなかなか見極めが難しく、16分割どころか、イエベとブルベを勘違いしてしまっている人もたくさんいます。

客観的なプロの診断結果を希望する場合は、自己診断は参考にとどめて、一度カラーサロンやデパートなどで診断してもらうと良いかもしれません♪


SAYAKA